風俗で叫べ

ご褒美と言っても過言ではないのは風俗

自分へのご褒美という言葉も定着しつつありますけど、自分の場合は風俗ですね(笑)それ以外はご褒美として成立しないというか、魅力を感じていないのでご褒美にならないんですよ(笑)でも風俗だけは自分へのご褒美として成立するだけの価値があると思っています。それだけ魅力的だし、風俗で使うお金に関してだけは自分でも無駄にはならないって気持ちがあるんですよね。他のことでお金を使うと、自分でもあまり腑に落ちないケースもあるんです。余計なものを購入してしまったなって気持ちになるケースも珍しくないんですよね。でも風俗で使うお金に関しては、完全に自分でも納得して支払うことが出来るんです。それがとても大きいと思うんですよね。だからこそ、自分の納得出来るものなので「ご褒美」という言葉もすんなりと受け入れられますね。むしろ風俗が無かったら自分へのご褒美そのものが無くなってしまうので、何にすべきなのかで結局はかなり悩むことになってしまうんです。

お店に行くことそのものが楽しいんです

デリヘルが人気を集めていますけど、自分はお店の風俗が好きなんですよ。天邪鬼だと言われればそれまでかもしれないんですけど、風俗店まで行くということそのものがドキドキするじゃないですか。風俗店もまた、いろいろとあるじゃないですか。外観を見て楽しむのも出来ますし、受付に行って何をするのかあれこれ話しているだけでもそれはそれで楽しいものですしね。本当にいろんなあの染み方があるものだなと思いつつ、自分のペースで楽しむことが出来ることこそ、風俗の大きな魅力でもあるんじゃないかなって。それに、お店だと待合室があるじゃないですか。あそこ、嫌いじゃないんですよ(笑)多分待合室が好きって人はかなり少数派だと思うんですけど、自分は別に嫌いではないんです。むしろあそこでいろいろなことを楽しめるって思ったら、待合室の時間がとっても面白いんですよ。そこであれこれ考えて、女の子との一戦に望む…それが溜まらないんですよ(笑)