風俗で叫べ

自分で考える楽しさがありますよね

風俗には自分で考える楽しさもあるんじゃないかなって思いますよね。誰を選ぶのか、どのジャンルにするのか。長年風俗を楽しんでいますけど、昔は判断材料そのものが乏しかったんですよね。でも今はインターネットのおかげでどの風俗店もホームページを持っています。むしろホームページを持っていない風俗店は時代に追いつけていないと言っても過言ではないような気もするんですよね。ホームページが無いってことは、どうやってお店のことを調べればよいのかって話じゃないですか。お客としてはホームページはあった方が断然良いんです。わざわざお店にコンタクトを取らずとも自分だけでどんな風俗店なのかの判断が出来ますしね。だからホームページがあるのかどうかは大切な判断材料です。ホームページを持たないという点をアピールしている風俗店もあるのかもしれないんですけど、お客のことを考えたらもはや風俗店にとってホームページは必須といってもよいですよね。

ポジティブだからこそですよ

ルックスやスタイルも大切な部分だってことくらい分かっていますけど、それ以上に大切なのは風俗嬢がどれだけポジティブなのかって点なんですよね。前向きな女の子の方が、こっちの気持ちも楽しいものになると思うんですよ。ネガティブな風俗嬢を励ますのが好きって人もいるかもしれないんですけど、自分の場合、ネガティブな女の子と喋っているよりもポジティブな女の子と喋っている方が圧倒的に楽しいんです。それは風俗でも同じなんですよね。だから風俗では基本的にいつもポジティブそうな子を選ぶようにしているんですけど、お店のホームページをみてポジティブかどうか判断するのは難しいのも事実です(笑)性格に関してはさすがにホームページに明記されているプロフだけでは分からない部分もありますしね。でも、全体的な表情とかいろいろな部分を見ていると、どんなタイプの風俗嬢なのかは、何となくですけど見えてくるのでその直感を頼りにしているんですよ。